環境省指定 
土壌汚染調査機関  指定番号:環2003-1-368




土壌・地下水汚染調査


 土壌・地下水汚染調査は重大な社会問題
 として認識されてきています。
 汚染された土壌地下水を改善するためには、
 先ずは迅速な調査が必要です。
 最新の土壌採取法、採取機を用いた
 土壌採取に地中ガス検知、地下水の採取や
 有害汚染物質の分析などを付加し、現地での
コア観察、簡易分析と組み合わせれば、
 迅速な汚染状況の把握が可能になり、
 さらに室内分析や観測井などによって、
 汚染機構の解明も可能となります。

      汚染土壌・地下水サンプリングから分析まで

弊社では、汚染土壌調査に欠かせぬ表層土壌サンプリングから有害物質の分析まで一貫して受託できる体制を整えています。

●地質調査業務の豊富な経験と最新の設備を駆使して、的確な試料採取を行います。
    油圧式簡易打撃式土壌採取機等の採用(写真上)      

●汚染範囲の絞込みに欠かせない有害ガス等の現地分析にも対応いたします。
    (検知管方式、PID-GC方式等による分析ができます。)

●公定法に基ずく有害物質等の詳細分析      
    (提携先計量証明事業所による計量証明書の発行ができます。) 

                         
                                          

             

株式会社中村ボーリング